もう散らばらない!ベイブレードのBEST収納法

ベイブレードバーストに親子でハマって、ベイもランチャーもかなり増えました。

散らばりまくりで収納に困った末、たどり着いた簡単な片付け方法をご紹介します。

★スポンサーリンク

収納には工具箱がベスト

結論を言うと、ベイブレード一式を収納するには、工具箱がベストです。

我が家が購入したのはこちら。

サイズは、縦21cm×横44cm×高さ22cm。

Power Blackという名前の工具箱。結構大きめです。

3段式で、下の方もスムーズに取りだせます。

まだ3歳の下の子も使いやすいように、しっかり開くものを選択。

プラスチック製なので、子供が多少乱暴に扱っても安心です。

ちなみに、仕切り板は動かせるので、お好みの幅でセットできますよ。

かっこよく収納するとこんな感じ。ランチャーも余裕で入ります。

★スポンサーリンク

子どもが使いやすいと、親もストレスがない

子どもとオモチャの絡みで困ることの代表は、

  • 出しにくく、片付けづらい
  • やたらと散らかり、母親の仕事が増える
  • 親の手助けがないと、子供が自由に触れない

上記3つくらいでしょうか。

子供で1人で完了できないと、親が家事の手を止めることになり、イライラの素になります。

子供が使いやすいものを使うと、親もラクができますよ。

★スポンサーリンク

たくさん入るメリット・デメリット

家にあるものを全部入れると、こんな感じです。

ベイブレードバースト

ベイは35個くらい、ランチャーは10個、グリップが4本。

1番上の段はまだ空いているので、ベイは倍量(70個)くらい入ります。

ランチャーはあと数個、余裕を持って使おうと思うと2~3個くらいでしょうか。

入れる箱が大きいと、子供が片付けやすい!

「蓋がしまらないことがないからラクだよ」と小学生の長男が教えてくれました。

ただ、やっぱりデメリットもあります。

★スポンサーリンク

ベイをたくさん入れると重たくなってしまうんですよね。

1番上の段にベイを入れすぎると、バランスが悪くなりひっくり返ることがあります。

入れる際に、バランスを考えることは必要になります。

ちょっと小話★

オモチャなので、メインで使うのは子供です。

工具箱で収納するなら、どこに何を入れるか、一番最初にしっかり教えておきましょう。

下段には重たいグリップやランチャーで最初に入れようね、上はベイの場所で後入れ・・・

と決めて子供に覚えさせるだけで、ひっくり返すことが激減します!

教えるのはちょっと面倒だけど、あとが楽になります。ぜひお試しを♪

オモチャって、片付けに大人の手助けが必要なことって多いですよね。

正直かなり面倒なので、子供が自分で出して片付けられることは、大きなメリットです!

ホームセンターでもネットでも買えます

もちろん、ホームセンターで取り扱いがありますよ♪

アイリスオーヤマのものが、軽くて万能で使いやすいです。

あまりにごついものは、丈夫いけど子供向きじゃありませんでした。

お試しにはちょうどいいと思うので、気になる方はホームセンターで探してみてくださいね!

スポンサーリンク

最後に1プラス+

子供のオモチャの片づけ、親がいかに楽をするかをいつも考えています(笑)

オモチャって片付けに案外手がかかるので、子供が自分で片付けられるものが一番です。