産休代替の派遣社員は、正社員の仕事を務められる証明書!

私はフルタイムの派遣社員です。具体的には、産休代替の派遣社員として勤務しています。

はっきり言って、もうずっとしんどいです。

”使い捨て”と言われ、人の視線がつらくてたまらない毎日を過ごしていました。

でも、今は違います!

以前の私と同じように、産休代替をつらいと感じるあなたへ少しでも心が軽くなりますように^^

 正社員の代わりを務めたと胸を張ろう!

「産休代替の派遣なんて使い捨て」と正社員に言われてひどく落ち込んでいた時のことです。

派遣会社の担当さんが、冷静に言葉をかけてくれました。

「産休代替で働くというのは、

 働いた期間=正社員として仕事を全うしたという証明で、

 評価する企業さんは多くあるんですよ。」

私の担当者は、派遣会社のマネージャーさんでした。

人材ビジネスに長く携さわってきた経験からの言葉だそうです。

正社員の人の休みのために働いているんじゃない、未来の自分のためにやってる

悩む前に、胸を張ってください。自信をもってください!

リクルートスタッフィングの営業さんは優秀

ちなみに私は、リクルートグループのリクルートスタッフィングで就業しています。

営業さんが異動で1度代わったのですが、前任の方も後任の方も、

就業するスタッフの話をとてもよく聞いてくださる方でした。

登録スタッフと、派遣先企業をできる限りマッチングさせることを重視している

ということがとてもよく伝わってきて、安心して働くことができました。

★スポンサーリンク



未来の自分を思い浮かべる

正社員の代わりを期間きっちり務めたという事実は、履歴書に当然書くことができます。

未来のあなたは、

産休代替の1年半は最悪だったと後悔だけするのか、

正社員同等のスキルがある!と胸を張るのか。

次の仕事の面接に行ったとき、後者の方が魅力的に見えるのは間違いありません。

あなたが仕事をきちんとやったことは事実なんだから^^

全部自分の心の問題。捉え方の問題なんです

どうなりたいかイメージして、近づける考え方に変えましょう。

あなたの視点と考え方は、いくらでも変えられます。

★スポンサーリンク



働く理由=すべて自分と家族のため

代替で働いていると、まるで、

お休みしている正社員のために働く感覚に陥りやすいんじゃないでしょうか。

全く違います。全力で否定します。

お給料を得るのは何より自分や家族のためで、他の誰のためでもありません。

産休の正社員のため?違います、あなたのためって忘れないで^^

さらに言うと、会社のためでもありません(笑)

正社員だって、会社のために!なんて人は少数ではないでしょうか。

雇用形態は何でも、自分らしく頑張ればいいんです!

派遣社員

「みんな、小さな世界を守るために必死なんだよ」

夫が私にかけてくれた言葉です。

あまりに毎日「派遣は使い捨て」と正社員に言われ続け、もう無理と思っていたとき。

「みんな、自分の住む小さな世界を守りたいから、

 低い地位(にいるように見える)の人を見下して傷つけて、

 自分はすごい世界にいるって感じたいだけ」

くだらんだろ?と笑いながら教えてくれました。

あぁ、わかるなーと。ほんと、くだらないです。傷ついてたことが、ですよ!

あまりにくだらなくて、傷つく時間がもったいなくなりました^^

★スポンサーリンク



正社員になりたいなら、挑戦あるのみ!

自分のために頑張ることは、楽しいことなんだ!と気づくことができました

産休代替で務めて学んだこと、すべて無駄にせずに、正社員にトライします。

すでに動き出していて、紹介予定派遣を案内してもらえるよう、派遣会社に働きかけています。

行動しないと何の結果も出ません。

一生懸命動いた結果は失敗じゃない、すべて経験としてレベルアップできますよ。

最後に1プラス+

産休代替派遣に悩む方は多いと耳にしました。

私も同じだから、「こんな人もいるよ、大丈夫だよ」と発信したくて書きました。

産休代替を受けてしまった事実が変えられないなら(契約満了まで)、

現状をより良いものにした方が未来につながります。

しんどい思いをしている方に、届きますように^^

★スポンサーリンク