中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ

中学受験を知りたい!と思ったときに出会った本。

4家庭の例を、かわいい絵のマンガで教えてくれます。

塾の費用は? 夫婦はどう協力したらいい? 受験の現実・・・

この一冊で体験でばっちり知ることができますよ!


中学受験、ウソ・ホント?

中学受験はお金がかかる?塾の費用ってどのくらい?

うちの子は中学受験に耐えられるのかな・・・

中学受験を考える親なら絶対に気になる情報が、

中学受験

中学受験ウソ・ホント?の形式で、マンガの合間にまとめられています。

我が家で特に役立ったのは、塾の選び方。

塾ってたくさんあって、何から調べて良いかわからなかったんですよ。

大手塾と小規模塾のメリット・デメリットがわかったのはもちろん、

響いたのが、マンガの中にあったこの言葉。

「通うのが楽しい!」ってことが一番大事じゃないかな

遊びたい盛りの小学生が、勉強のために通う場所。楽しいからこそ続けられるはず。

合格実績ばかり眺めていたことを反省しました。。。

我が家の塾選び

夫婦でフルタイム勤務なので、送迎が確実にしやすいところに絞って探しました。

その中で、子供が好きなゲーム感覚の授業があるところに決定!

狙い通り、まずは塾を”怖くない場所”と思ってくれました。

親は、子供にどう関わればいい?

つい、頑張れ!勉強しろ!と言ってしまいがちですが、子供に寄り添った形のアドバイスが掲載されています。

テストの点数を見て、「何で?」と絶対に言わないで。

点数が良いときは特に何も言わないのに、悪い時はつい出てしまう言葉ですよね。

「何で?」という言葉は、子供をひとりぼっちにしてしまう。

親が必死になるあまり、子供の心が置き去りになってしまうことがある・・・

あぁ、わかる~~~

大人だって褒められたいのに、子供を褒めることをしない自分!!

こうやって、ハッとさせられる内容もたくさんありました。

 

中学受験の勉強中は、良い点を「何で良い点が取れたかな?」と、一緒に分析してあげると良いそうです。

確かに、一緒に良い理由を探してもらえたら、大人だって嬉しい。

受験のプロが書いた文章ならではのアドバイス、本当に役立ちます!

受験がすべてじゃない

「受験しようかな」と思ってるのに身も蓋もないかもしれないけど、

実際、受験で心を壊してしまう子供はいるそうです。

親の期待が大きすぎたり、本当は他にやりたいことがあるのに言えなかったり・・・

中学受験自体、わずか12歳の子供が自分の力だけで臨むものです。

  • まだ、12年間しか生きていないため未熟
  • やりたいことを我慢するストレスは、大人が思うより大きい
  • 親の期待に応えたくて、無理をしてしまう

無理をした結果、もし心が壊れてしまったら、親子で幸せでしょうか?

無理だ!と思ったら、子供のために受験をしない選択も大切です。

中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ

最後に1プラス+

中学受験を考える家庭の事情は、人それぞれ。

周りに振り回されず、親子で納得し、終わったときに笑顔でいられる選択ができるようにしたいものです!